歌舞伎町のラブホで清掃のバイトしてみて分かった裏側!

スポンサードリンク



昼と夜で客層が変わる歌舞伎町ラブホ

歌舞伎町のラブホテルで働いてみると、色々な人間模様が見れます。

今回は、僕自身が清掃スタッフとして働いていた中で分かった裏側を事をご紹介します!


  1. 昼と夜では客層が変わる
  2. 知るともう使えない部屋のあれこれ
  3. ヤバい客が来るのは日常茶飯事

歌舞伎町という場所柄、夜〜朝方はカップルよりも、ホストと風俗関係の女の人の利用客が圧倒的に多いです。

特に朝方に来るホストと女性客は酔っ払いばかりなので、ロビーで暴れる・嘔吐する・スタッフルームに侵入したりと、すごい面倒な人ばっかり!

特に勘弁してくれって思ったのは、ロビーでパンツ丸出しで爆睡する泥酔女性…そしてその人の手を持ってひこずりながら部屋に運んだのは僕です!

反対に、昼間の利用客は迷惑行為は全く無いものの、訳あり感満載の客がすごく多い!!

不倫関係・援交・女装おじさんと女性などなど!色んなお客さんがいました。

ロビーのカメラに映った姿を見て、

「絶対あれ援交だ」って言ってた数日後に、案の定警察が聞き取り調査に来るなんて事もありましたね!

歌舞伎町はごちゃごちゃしてるから怪しい事してても意外とバレないと思われがちですが、運が悪い人は..とても気の毒です。(笑)

“ラブホの部屋掃除に関して”

まず、浴室or食器類に関しては、

掃除のたびに洗剤をつけて洗う時間は無いので、水で洗ってお客さんの使用済みタオルやシーツで拭いて終わりです!

次に、ホテルによっては置いてない所もあるかもしれませんが、多分皆さん大好き電マ(ハンディマッサージャーと言われるやつ)に関して!!

もし使った事あってもショックを受けないで下さいね??

使用率が高い電マですが、あれは濡れたタオルで拭くだけで除菌もしてないんです…

毎回使ってるのを見るたびに、「よくこんなの使えるなぁ」って思っちゃってました。

それでも使うなら、絶対にコンドームはつけた方がいいですよ!

そして次に、髪留めのクリップやヘアブラシ。実はあれは使い回しなんです!

汚れてなければ髪の毛だけ取り除いて、新しい袋に入れ替えて新品の出来あがりです。(笑)

基本的にラブホテルの客室清掃で毎回綺麗にしているのはベッドのみで、それ以外は、

水気を拭き取る

アメニティの補充

髪の毛とゴミを吸い取る

これで終わりです!(笑)

正直ラブホの清掃を経験したらプライベートでラブホに行く事無くなります…

だって汚いのを分かっちゃってますからね。

もちろん全てのラブホがそういう訳では無いし、綺麗なとこもたくさんありますよ!

“ヤバいお客さんに関して”

こんなお客さんが来るという説明はしたんですけど、一見普通に見える人でも凄い行動をとるパターンもありました!

僕が見た中では、

  • 裸の上にガウンだけ着て外出
  • 共用ロビーで立ちバックする人
  • 満室と言っているのに返事もせずにボーッと立ち尽くす
  • 貸出し品を持っていった時に3Pに誘ってくる
  • 素っ裸でリモコンの電源ボタンが分からないと言ってロビーに降りてくる女(個人的にコレが一番ビビりました)
  • 非常階段の上から全速力で駆け下りてくるゴスロリおばさん(制止しましたが)

など、上げるとキリがないぐらい変な人達に遭遇するのが多いのも歌舞伎町ならではかもしれません。

そこで、そんなホテルに入りたくない!なんて方のためにも、以下のような内容も書いてみました!ぜひ読んで見て下さい。

汚いラブホテルの見極め方!

大体の人が、どうせ使うなら綺麗なとこに入りたいと思うでしょう。

そんな時、 せっかくの時間が台無しになってしまう汚部屋に入らないために選ぶポイントがあります!


その1. ホテルの前にゴミなどが落ちまくってるとこはNG

その2. 宿泊料金10,000以下のホテルはほぼNG

その3. 外観が古いホテルや、看板などの電気が一部でも切れていたらNG

上の3つに当てはまるホテルは大体が綺麗な清掃はされてません!

理由は単純なのですが、きちんとしたホテルであれば、外掃(ホテルの外掃除)は徹底されています。これが出来ていない所は、ホテルの運営会社そのものがいい加減で有る場合がほとんどなので、店内室内どころか外まで掃除は行き届いてません!

その2に書いた、看板などの電気が切れている場合も、上の理由と同等です。

外観が古いホテルに関しては、そのままの意味です(笑)

歌舞伎町のホテルのほとんどが、バブル期など建設されたものがほとんどなので内装は一見豪華に見える部屋もあるかもしれませんが、設備そのものは良く見ると大半が古臭いものが多いです。

ホテルによっては何部屋かリフォームしている所もありますが、今はまだかなり少ないですね。

そして、宿泊料金10,000円以下のホテルはNGという事に関して。

本当に清潔で綺麗なホテルに入ろうとすると、最低でも12,000〜からのホテルを選ぶのが大事です。

僕が働いていたホテルとその系列の店舗、そして他社のホテルから転職してきた方に聞いた情報を元に出てきた金額なのですが、

設備や人材にお金をかけているところは基本的には高い料金ですが、その分掃除もかなり行き届いています。

安いホテルはその反対です。単純に賃金が安い中働かされてる人が多いので、完全にモチベーションに直結してます(笑)なので、設備が古い上に掃除も行き届かないし、ただ安いだけのホテルなので利用客の質もかなり悪くなります。

その結果、上に書いたような客が来てしまうと言う事ですね。

もちろんただ寝れれば良かったり、エッチできれば良いだけなんて方は安いホテルでも十分でしょう。

せっかくのラブホでの時間をエッチ以外でも楽しみたい方は、上記の料金を基準に選べば、アメニティサービスや、お部屋の設備も十分なホテルに入る事が出来ると思います!

最後までお読みいただきありがとうございました。ついでに良いね!も押して貰えたらすごく嬉しいです!

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です