バイセクシャルをカミングアウトしたら最悪な事になった。

スポンサードリンク



地方ではLGBTは好奇の目で見られる現実

こんにちは!今回は”バイセクシャル”である僕自身が体験した事をお話しします!

僕は、18歳で地元の人間関係やつまらなさを理由上京して、新しい生活を楽しんでました!

その生活の中で、地元では経験が無かった男との恋愛や、男同士専門の風俗でバイトしたりなんて事もありました。

ある日、久しぶりに地元の男友達(以下A)から電話が来たんですよ。学生時代の事とか、他愛の無い話をしてる時にある事を思いました。

僕がバイだという事をカミングアウトしたらなんて反応するのか?

この何気なしに思った考えが、後にメチャクチャ最悪な結果を招く事になるんです…

今度地元に帰った時に、もう1人仲が良かった女友達(以下B)も誘って呑みに行く事に。

電話で話すよりは直接話したかったし、ちょうど一か月後に帰省する予定もあったので好都合でした。

そもそも何でカミングアウトするの? 言わなくても別に良いんじゃない?なんて思う方もいるでしょう。

いやっホントにその通りなんです!

じゃあなぜかと言うと、男との恋愛やSEXに関しての悩みを話せる人がいたら良いなぁ…

っていう理由だけです。(笑)

そんなこんなで迎えた当日、お酒を呑み始めて程よく時間も経った頃、Bが発した「今彼女とかいるの?」

という一言をきっかけに、僕は半ばノリと勢いに任せてついにカミングアウトしました!

男も恋愛対象である事や、風俗でのバイトを全て隠さず打ち明けた反応は、「え?どういう事?ちょっとよく分かんない!」 なんて言いながらパニックに。

なんせ、人が少ない地方になればなるほどLGBTQの当事者が身近に居る人はかなり少ないでしょうし、いざ自分の友達がそうだと知った時の衝撃が大きい訳です。

ただでさえ両性愛だという事だけでもビックリなのに体を売ってたなんて言われたらそりゃパニックになるのは当然ですよね…(笑)

それでも友達は、「別にバイだからって何も気にしないから大丈夫よ」なんて言ってくれてたんですよ。その後も、男と付き合うってどんな感覚なのかとか、

何がきっかけでバイって気付いたのかとか、色々と真剣に聞いてくるんでてっきり理解しようとしてくれているように見えたんです。

しかし!それは完全に僕の勘違いだったのです!

後日、東京に戻ってAと電話で話しました。その時に聞いた話しによると、Bは実はすごくショックを受けていたとの事。

話した場では理解した雰囲気を出していたけど本音は違ったようです…

しかし、全ての人が理解出来るかと言えばそうでは無いし、聞きたくなかったと思う人もいるのも当然だと思ってあまり深く考えませんでした。

ただ、それで話しが終わりなら良かったんですが、嫌な出来事が僕を待ち受けてました。

地元の花火大会に行くために再び帰省した時の事。コンビニで嫌いだった先輩とバッタリ遭遇してしまったので、

適当に挨拶してさっさと店を出ようとした時、「久しぶり!そういやお前男に体売ったりしてたらしいじゃん!」

まさかの言葉に絶句。ごまかすのに精一杯でした。動揺を隠しつつ、誰がそんな事を言ってたのか聞くと、Bの名前が。

それだけじゃないんです。帰省していた数日の間、

遭遇した後輩や同学年の知り合いに、「男好きなの?」「バイだとかなんとかって話しをBから聞いたけど本当?」なんて事も言われました。

中には、「自分はそういうの偏見無いから」と言いながらも警戒心丸出しで色々聞いてくる人もいました。(笑)

もうね、一体どれだけの人に知れ渡ってしまったのか考えただけでも地獄ですよ。

すぐにBに連絡して怒鳴りつけようとも思いました。でももう手遅れな訳でして…

言った所で、言った言ってないの水掛け論になるのは分かりきった事でしたし、

単純に考えたら、人って珍しい物や話しを見たり聞いたりした時、つい誰かに教えたくなっちゃう生き物じゃないですか。

Bが言いふらしたのも結局それと似たような話しだし、話しのネタに自ら志願したようなものですね。(笑)

そこまで広まってしまうと、もうどうにでもなれという感情しか湧いてこない状態でした。

スポンサードリンク



“バイ”だと知られた事で変わってしまった自分

そんな一連の事があった以降、帰省するのがかなり嫌になってほぼ帰らなくなりました。

そして、カミングアウトするのも一切やめましたし、人を信用するのも少し難しくなった気がします。

僕は今回の事で思った事があるのですが、

勇気を出してカミングアウトしよう!すごく自分が楽になるよ!

みたいな感じの風潮やめた方が良いよって事です。

最近、SNSやテレビなどでもそういった話しをよく見かけますが、それに影響された人が同じように誰かにカミングアウトしたからって必ずしも美談にはなりません!

人間関係が根本的に崩れる場合もあります、自殺するまで追い込まれる人もいます。

理解したふりをして、裏で言いふらす人間もいます。

LGBTのカミングアウトは、何もかも失ってもいいぐらいの覚悟があって初めて出来る事

それが現実だと僕は思います!

カミングアウトしようとしてる方、本当にする必要があるのか良く考えてからでも遅くありませんよ。

僕のような体験をする人が居なくなるためにもこの記事を書きました。

最後までお読み頂きありがとうございました!

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です