"Twitter卒業で、無駄なイライラや考え事は解消"

SNS疲れならぬ、ツイッター疲れ。

私がTwitterを始めたのは五年程前。当時は今ほどゴチャゴチャしておらず、とても使いやすかったのですが次第につまらなくなり、見てる時間が無駄だとさえ思う始末。

ユーザーの質は下がるばかりで、いちいち自慢する人、リア充アピールに必死な人、偽情報で混乱させる、いろいろともう何だか見てる方はイライラしてしまいますよね。

LINEなどで直接やり取りすれば良くない?と思うレベルの物ばかり。そして、明らかなデマ情報が本当かのように拡散され、それを信じて更に拡散してしまう人。

ここ近年のTwitterの現状は最悪だと思います。しかし、そんなものだと分かっていてもついつい見てしまうTwitter。時間を忘れて見入ってしまう事もよくありますよね。

ですが、そんなTwitterも使ってて楽しいというより、むしろ見るたびにストレスが溜まっていくようになってしまい、

私は結局、「あー見なければ良かった」と後悔ばかりすると同時に、自らツイートする事も何だかめんどくさくなり、私はTwitterを退会する事にしました。

辞めてからの心境は↓↓

Twitterを辞めてから変わった事。

Twitterをスマホから削除した後の生活の中ですぐに感じた事がありました。それは、

余計な事を考えなくなり、ついTwitterを見過ぎて無駄な時間を過ごす事も無くなりました。

何より思ったのは、「別にTwitterをやってなくても全然良かったな」ということ。

自分にとってTwitterは、無くてはならないものでは無かったという事ですね。

過去の私と同じような心境の方は、思い切ってTwitterを退会してみるのもアリかもしれません。

最後までお読みいただきありがとうございました!

↑ PAGE TOP